スマートフォンサイトを見る
義肢装具
HOME > 義肢装具
一緒にお仕事しませんか?採用情報
Rental Room [ing]

靴付き両側支柱付き短下肢装具

短下肢装具

特徴

金属支柱を用いた短下肢装具。
足関節部分はいくつかのパーツを選択することができ、足関節の可動域や動作時の補助を設定することが可能。
またストラップ等を用いることにより、足関節の内外反にも対応が可能。

適用

脳卒中後遺症 脳性まひ など

閉じる

軟性コルセット(腰椎)

体幹装具

特徴

軟部組織に圧迫を加えて腹腔内圧を高め、脊柱にかかる負担を軽減する。さらに脊柱の運動を制限し、動きによって生じる痛みを和らげる。

適用

圧迫骨折、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、腰椎症、脊柱管狭窄症、腰椎分離症など

閉じる

軟性コルセット(胸椎)

体幹装具

特徴

軟部組織に圧迫を加えて腹腔内圧を高め、脊柱にかかる負担を軽減する。さらに脊柱の運動を制限し、動きによって生じる痛みを和らげる。

適用

圧迫骨折、椎間板ヘルニア、胸椎後縦靭帯骨化症 など

閉じる

足底装具(部分免荷用)

足部疾患用装具

特徴

足部の部分的な免荷に用いられる装具。
免荷が必要な箇所をくり抜くことで患部に掛かる負荷を軽減する

適用

褥瘡の予防、患部の免荷

閉じる

足底装具(足部変形用)

足部疾患用装具

特徴

患側足部の変形に合わせて製作される。変形によって歩行障害がみられる場合や疼痛などがみられる場合に用いられる。

適用

足部の変形の見られる疾患など

閉じる

足底装具(グラフィン)

踵骨骨折用装具

特徴

踵にかかる荷重を装具の踵部をくり抜くことにより荷重を逃がす。
大元式より軽量で装着がしやすい。

適用

踵骨骨折

閉じる

足底装具(アーチサポート)

足部疾患用装具 室外用

特徴

靴に挿入し、使用する室外用装具。
内側縦アーチを保持する。あらゆる疾患に用いられ、足部を適切な状態で支持することができる。
アーチの落ち込みが原因による足部の疼痛を防ぐ。靴のサイズに合わせて製作するため靴擦れも少ない。

適用

足底腱膜炎、扁平足、外反母趾、など

閉じる

足底装具(アーチサポート 室内用)

足部疾患用装具 室内用

特徴

室内用装具。
内側縦アーチを保持する。あらゆる疾患に用いられ、足部を適切な状態で支持することができる。
アーチの落ち込みが原因による足部の疼痛を防ぐ。

適用

足底腱膜炎、扁平足、外反母趾、など

閉じる

足底版(サブアーチサポート)

足部疾患用装具

特徴

内側縦アーチを保持する。あらゆる疾患に用いられ、足部を適切な状態で支持することができる。
アーチの落ち込みが原因による足部の疼痛を防ぐ。プラスチック成型により支持性が良い。

適用

踵骨骨折、ジョーンズ骨折、リスフラン靱帯損傷など

閉じる

足底板(ラテラル)

足部疾患用装具

特徴

足部の外側を高くすることにより、膝関節の内反に作用する荷重を減少させる。膝の外反が強い場合、足部の内側を高く製作する。

適用

変形性膝関節症 など

閉じる

膝装具 HRC

反張膝用装具

特徴

大腿前面と膝窩部および下腿前面での3点支持により、膝の過伸展を防ぐ。
膝の屈曲は妨げないため、歩行や立ち座りなどの動作ができる。

適用

反張膝

閉じる

膝装具(オスグッド)

オスグッドシュラッター病用装具

特徴

膝蓋靱帯を押さえるパッドを取り付けることにより、膝蓋靭帯を介して脛骨粗面に加わる大腿四頭筋の牽引力を減少させる。

適用

オスグッド・シュラッター病

閉じる

股装具(ヒッププロテクターⅡ)

股関節外転保持装具

特徴

股関節脱臼防止・術後の固定などに用いられる。骨盤から大腿部にかけて装着する。股継手はダイヤルロック機構を採用しており、任意の角度設定が可能。

適用

人工股関節術後の脱臼予防、変形性股関節症、大腿骨頭壊死、関節リウマチなどの疼痛緩和・関節保護

閉じる

肘装具

肘装具

特徴

肘関節の可動域制限や可動域を改善する。
肘関節の変形予防・矯正・機能的肢位の保持固定などを行う。

適用

骨折、関節の不安定性、側副靱帯の損傷、拘縮

閉じる

短下肢装具 大元式

踵骨骨折用装具

特徴

踵にかかる荷重を膝蓋靱帯で補い、装具の踵部をくり抜くことにより踵への荷重を減らす。
また、足関節を固定することで足部の動きを制限し踵骨に掛かるアキレス腱からの牽引力を抑えることができる。

適用

踵骨骨折

閉じる

短下肢装具(オルトップ)

短下肢装具

特徴

プラスチックモールドにより下腿及び足部を保持する。装着した状態で靴を履くことが可能。軽量なため歩行の際体にかかる負担が少ない。

適用

腓骨神経麻痺、軽度の痙性 など

閉じる

短下肢装具(アキレス腱用)

アキレス健損傷用装具

特徴

底屈位で固定することにより荷重歩行が可能。
足関節を固定することによりアキレス腱に掛かる負担が少ない。
治療の経過とともに足底部の積層されたスポンジを抜いて足部を背屈させていく。

適用

アキレス腱損傷

閉じる

短下肢装具 (TIRR)

短下肢装具

特徴

プラスチックモールドにより下腿及び足部を保持する。装着した状態で靴を履くことが可能。軽量なため歩行の際、体にかかる負担が少ない。

適用

腓骨神経麻痺、軽度の痙性 など

閉じる

半硬性コルセット (取り外し式)

体幹装具

特徴

軟部組織に圧迫を加えて腹腔内圧を高め、脊柱にかかる負担を軽減する。さらに脊柱の運動を制限し、動きによって生じる痛みを和らげる。
後面のプラスチックは着脱が可能で治療に応じて使い分ける。

適用

圧迫骨折など

閉じる

体幹装具(硬性)

体幹装具

特徴

プラスチック製の体幹装具。
軟性の体幹装具と比べ支持性が高く、より強固な固定ができる。

適用

圧迫骨折、術後の固定 など

閉じる

体幹装具(アンダーアーム)

体幹装具

特徴

プラスチックと金属支柱を用いた側弯症用装具。
側彎を矯正するためのパッドが付いており、頂椎の高さに応じて高さが設定される。

適用

側弯症

閉じる

体幹装具(硬性 ツーピース)

体幹装具

特徴

プラスチック製の体幹装具。
軟性の体幹装具と比べ支持性が高く、より強固な固定ができる。
体幹を前方と後方で挟み込む形で装着するため、臥位での装着がしやすい

適用

圧迫骨折、術後の固定 など

閉じる

上肢装具 (上腕ファンクショナル)

上腕骨骨幹部骨折用装具

特徴

上腕の軟部組織全体に均一な圧迫を加えることにより中の圧力を高め、骨折部の支持性を高める。
骨折部分以外のところは動かすことができるため、肩や、肘に運動制限がかからない。

適用

上腕骨骨幹部骨折

閉じる

上肢装具 (カックアップ)

手背屈保持装具

特徴

手関節を軽度背屈位にして、保持する。手指の可動は制限しないため物をつまんだり、つかんだりすることができる。
手関節の運動を制限することにより、疼痛や炎症の軽減を目的に装着する。

適用

橈骨神経麻痺(下垂手)、脳血管障害後遺症、
手関節固定を必要とする疾患

閉じる

上肢装具 (カックアップ ゆい式)

手背屈保持装具

特徴

手関節を軽度背屈位にして、保持する。手指の可動は制限しないため物をつまんだり、つかんだりすることができる。
手関節の運動を制限することにより、疼痛や炎症の軽減を目的に装着する。

適用

橈骨神経麻痺(下垂手)、脳血管障害後遺症、
手関節固定を必要とする疾患

閉じる

義肢装具

義肢は失った体の一部を器具及び機器を装着して、失った体の機能の代用をするもの。
また元の体の形態を復元するために装着、使用する人工の体の一部や手足である。

装具とは、事故や病気などで四肢・体幹に機能障害を負った場合において
四肢・体幹の機能障害の軽減を目的として使用する補助器具。
装具の中には靴型装具として整形靴も含まれる。

納品までの流れ

受注 → 採型 → (仮合わせ) → 納品 の順序で行われる。

受注

ご本人様が、どのような希望や使用用途を予定しているかなどをお伺いいたします。

採型

採寸、トレース等を行い義肢製作に必要な情報を収集します。

(仮合わせ)

実際に装着していただき、フィット感や全体のバランス、色味等のチェックを行います。

納品

製品の完成です。取り扱い方法、装着の方法等をご説明いたします。

義肢装具士とは

厚生労働大臣の免許を受けて、義肢装具士の名称を用いて、医師の処方の下に義肢及び装具の装着部位の採寸・採型、制作及び身体への適合を行う医療専門職。

義肢装具士の免許の取得について

養成校(義肢装具学科)や大学学科内の義肢装具コースで専門的知識、技術を修了することで、義肢装具士国家試験への受験資格を得て、試験に合格することで、資格取得する。
現在、受験資格を受けることができる学校は全国に10校ある。

国立障害者リハビリテーションセンター・学院
義肢装具学科
〒359-8555 埼玉県所沢市並木4-1
学校法人珪山学園 専門学校日本聴能言語福祉学院
義肢装具学科
〒453-0023 愛知県名古屋市中村区若宮町2-14
医療法人弘仁会 熊本総合医療リハビリテーション学院
義肢装具学科
〒861-8045 熊本市小山町2-25-26
学校法人神戸慈慶学園 神戸医療福祉専門学校三田校
義肢装具士科
〒669-1313 兵庫県三田市福島501-85
学校法人早稲田医療学園 人間総合科学大学
保健医療学部 リハビリテーション学科義肢装具学専攻
〒339-8555 埼玉県さいたま市岩槻区太田字新正寺曲輪354-3
西武学園医学技術専門学校 (東京新宿校)
義肢装具学科
〒169-0073 東京都新宿区百人町2丁目5番9号
学校法人産業学園 北海道ハイテクノロジー専門学校
義肢装具士学科
〒061-1396 北海道恵庭市恵み野北2-12-1
学校法人北海道尚志学園 北海道工業大学
医療工学部医療福祉工学科義肢装具学専攻
〒005-8585 札幌市手稲区前田7条15丁目4-1
学校法人新潟総合学園 新潟医療福祉大学
義肢装具自立支援学科
〒950-3198 新潟市島見町1398番地
医師の処方

主に整形外科やリハビリテーション科 を元に補装具(義肢・装具・リウマチ 靴・外反母趾靴)を採型・製作・調整 します。

詳しくはこちら
工房のご紹介
工房イメージ

義肢工房ゆい
〒809-0004
福岡県中間市下大隈1606-7
TEL 093-245-3986
営業時間 9:00~17:00

お問い合わせ
093-245-3986